東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

アライグマの分布域3倍に 生息なし3県のみ、生態系に懸念

 環境省は31日、生態系を乱す外来種のアライグマの分布域が、約10年前と比べ全国で3倍近くに広がったとの調査結果を発表した。生息情報がなかったのは3県だけで「繁殖力が強く、さまざまな環境で生息できるため、分布域が拡大している。引き続き捕獲などの対策が必要だ」としている。

 環境省は全国を5キロ四方の区画に分け、2010〜17年、全ての市区町村にアライグマが確認されたかどうか尋ねて分布を調べた。その結果、20%の場所で生息情報があった。同様の方法で調べた05〜06年の前回調査では7%ほどだった。

 生息が確認されなかったのは秋田、高知、沖縄の3県だけだった。

(共同)

 アライグマ(環境省提供)

 アライグマ(環境省提供)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報