東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

トリチウム水処分で公聴会開催 委員長「タンク長期保管も議論」

 東京電力福島第1原発で汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウムを含んだ水の処分を巡り、政府の小委員会は31日午後、東京都内で国民の意見を聞く公聴会を開いた。参加者から海洋放出への反対意見が相次いだことに関し、小委委員長の山本一良・名古屋学芸大副学長は終了後、取材陣に「厳しい意見が多かった。タンクでの長期保管の可能性も含めて今後議論する」と述べた。

 一方で「永久保管は難しい。実際に処分する際には、どういう運用や設計がいいか、風評被害が大きくならないタイミングなども議論していく」と、処分方法の具体化を急ぐ考えも強調した。

(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報