東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

高校生平和大使が帰国報告 「核廃絶、夢物語ではない」

 核兵器廃絶を訴える署名をスイス・ジュネーブの国連欧州本部に提出して帰国した「高校生平和大使」らは1日、現地での活動を長崎市で報告し「核廃絶は夢物語ではない。必ず実現するものだ」と訴えた。

 20人の大使は8月下旬に渡欧し、延べ約11万人分の署名を届けた。被爆者の苦しみに留意する記述を前文に盛り込んだ核兵器禁止条約の採択に貢献し、ノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の本部も訪問。フィン事務局長と面会した。

 高校生平和大使は1998年、インドとパキスタンが核実験をしたことをきっかけに誕生。

(共同)

 スイス・ジュネーブから帰国し、活動報告する「高校生平和大使」=1日午前、長崎市

 スイス・ジュネーブから帰国し、活動報告する「高校生平和大使」=1日午前、長崎市
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報