東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 話題のニュース一覧 > 記事

ここから本文

【話題のニュース】

藤原定家写本の歌学書を翻刻 冷泉家、戦前原稿で

 鎌倉時代の歌人藤原定家が写本した平安後期の歌学書「俊頼髄脳」の翻刻本が完成した。定家の流れをくむ冷泉家の23代当主為臣(1911〜44年)が戦前に書き残したものを基にしており、現当主の為人氏(74)は3日、京都市で記者会見し「死後74年たっても色あせないと実感している」と喜びを語った。

 「俊頼髄脳」は、平安後期の歌人源俊頼の歌学書で後世に大きな影響を与えた。定家の写本は2005年に冷泉家で見つかり、「俊頼髄脳」の最古の写本として注目を集め、08年に重要文化財に指定された。

 「時雨亭文庫 二 俊頼髄脳」は和泉書院から出版され、定価1万3500円。

(共同)

 完成した翻刻本を手にする冷泉為人氏=3日、京都市

 完成した翻刻本を手にする冷泉為人氏=3日、京都市
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報