東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

犯行動機「イスラム侮辱された」 オランダ首都駅の米国人襲撃

 【ブリュッセル共同】オランダ検察は3日、首都アムステルダムの中央駅で8月31日、アフガニスタン人の男(19)が米国人旅行者2人をナイフで刺し重傷を負わせた事件で、男はオランダでイスラム教が「侮辱されている」と考え、テロ目的でドイツから入国したと発表した。

 検察はまた、男が調べに対し、オランダ最大野党、自由党の党首で反イスラム政治家のウィルダース氏について言及したと指摘した。具体的中身は示さなかった。党首は事件直前までイスラム教預言者ムハンマドの風刺画コンテスト実施を計画していた。

 刃物による襲撃事件があったアムステルダムの中央駅=8月31日(AP=共同)

 刃物による襲撃事件があったアムステルダムの中央駅=8月31日(AP=共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報