東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 話題のニュース一覧 > 記事

ここから本文

【話題のニュース】

百貨店、平成最後のおせち商戦 早くもスタート

 平成最後となる正月に向け、大手百貨店が4日までに2019年用のおせちを発表し、商戦が早くも始まった。松屋銀座は世代別におせちを用意し、高島屋では漫画家手塚治虫さんの生誕90周年を記念したおせちをそろえるなど、各社は工夫をこらしている。

 松屋銀座は平成を代表する世代ごとの商品を発表。50〜60歳の「バブル世代」向けにはホテル「ザ・ペニンシュラ東京」が手掛ける16万2千円の「和洋中三段重プレミアム」を提案。今月引退する歌手の安室奈美恵さんと同じ40歳前後の「アムラー世代」の女性向けに、フランス料理のおせちを用意した。

(共同)

 松屋銀座が提案する「ザ・ペニンシュラ東京」が手掛けたおせち

 松屋銀座が提案する「ザ・ペニンシュラ東京」が手掛けたおせち
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報