東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

施設や里親家庭で虐待増加 15〜16年度、厚労省まとめ

 虐待や経済的な事情で親元で暮らせない子どもが、入所先の児童養護施設や里親家庭で虐待を受けた事例が、2015年度に83件(被害者123人)、16年度に87件(同128人)あったことが分かった。厚生労働省が5日までに明らかにした。14年度の62件(同86人)から増加傾向が続いている。

 半年以上の長期にわたり被害に遭った子どももいた。施設職員や里親の行為に関する相談や通告を自治体が調査し、厚労省が数字をまとめた。

 虐待の内容別では、暴力を伴う身体的虐待が最も多く、15年度49件、16年度52件に上った。

(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報