東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

1週間は震度6強程度に注意を 震源地周辺のデータ入らず

 北海道で震度6強を観測した地震で、気象庁は6日、記者会見を開き、松森敏幸地震津波監視課長が「1週間ほどは震度6強程度の地震に気を付け、傾いた建物など危ない場所に近づかないでほしい」と注意を呼び掛けた。北海道では5日に台風21号や前線の影響による大雨で広い範囲で地盤が緩んでおり、土砂災害に厳重な警戒が必要だ。

 震源に近い厚真町やむかわ町などの複数の観測点から震度データが入っていない。通信回線に問題が生じた可能性があるが、原因は不明。推定される震度は厚真町が震度6強、むかわ町が震度6弱。観測記録を回収するめどは立っていない。

(共同)

 地震で崩れた北海道安平町の建物=6日午前

 地震で崩れた北海道安平町の建物=6日午前
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報