東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ナイキ広告塔にNFL膝つき選手 米大統領反発、不買運動も

 【ロサンゼルス共同】米スポーツ用品大手のナイキが7日までに、米プロフットボールNFLの国歌斉唱で片膝をついて人種差別への抗議の意を示した元フォーティナイナーズ選手のコリン・キャパニック氏(30)を新たな広告塔に起用し、トランプ大統領が猛反発する事態に発展している。

 インターネットではナイキ商品を燃やすなどの不買運動も広がり、同社の株価が一時急落。一方で、米プロバスケットボールNBAのスーパースター、レブロン・ジェームズ選手や人気歌手らからはナイキへの支持表明が相次いでいる。

 11月の中間選挙でも膝つき問題に再び注目が集まりそうだ。

 ビルの屋上に掲げられた、コリン・キャパニック氏を起用したナイキの広告看板=5日、米サンフランシスコ(AP=共同)

 ビルの屋上に掲げられた、コリン・キャパニック氏を起用したナイキの広告看板=5日、米サンフランシスコ(AP=共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報