東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

関空、伊丹と神戸空港の活用検討 便振り分けを自治体容認

 台風21号の影響による閉鎖から3日ぶりに運航再開した関西空港では、7日午後も国内線の発着が続き、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションは8日に国際線12便の運航を再開すると発表した。空港施設復旧にもめどがついたが、連絡橋の破損でアクセスは限られている。運営会社は大阪(伊丹)空港や神戸空港への発着便振り分けを求めており、関係自治体などは増便を容認する意向だが、住民には抗議の動きも出ている。

 運営会社の関西エアポートは7日から浸水被害を免れた第2ターミナルの運用を再開し、ピーチと日本航空が計19便を運航。日航は初めて第2ターミナルを使用した。

(共同)

 成田空港から関西空港に到着した乗客=7日午後

 成田空港から関西空港に到着した乗客=7日午後
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報