東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

停電で食材解凍、カレーに 札幌の居酒屋、無料提供

 札幌市の飲食店では、冷凍していた食材が地震による停電で解凍するなどし、対応に追われた。JR札幌駅近くの居酒屋「海鮮炉端・産地直送北海道」は8日、冷凍庫で解けたエビやホタテを使ってシーフードカレー120食分を作り、「地震で困っている人の助けになれば」と旅行者らに無料で振る舞った。

 店は6日未明の地震で停電したが、その日の午後に復旧。ただ、冷凍した食材は解け始めて品質が落ち、無料提供を決めた。カレーはスパイスが効いた味わいで、観光客らに好評だった。大阪府高槻市の大学生石崎勇介さん(22)は「具だくさんで、とてもおいしい」と笑顔で頬張っていた。

(共同)

 冷凍庫で解けた食材を使ったカレーを振る舞う居酒屋の店員=8日午後、札幌市

 冷凍庫で解けた食材を使ったカレーを振る舞う居酒屋の店員=8日午後、札幌市
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報