東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ツイッター高裁判事に分限裁判 「表現行為できなくなる」

 ツイッターに不適切な投稿をしたとして東京高裁が懲戒を申し立てた岡口基一裁判官(52)について、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は11日、懲戒にするかどうかを決める非公開の分限裁判を開き、意見を聴く審問を行った。岡口氏は終了後に東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、申し立ての理由が曖昧だとして「証拠が薄弱で、法治国家としてあり得ない。怖くて表現行為ができなくなる」と訴えた。

 現役裁判官が会見するのは極めて異例。インターネットへの投稿を巡る分限裁判は初めてで、懲戒相当と判断されれば戒告か1万円以下の過料のいずれかが決まる。

(共同)

 分限裁判のため最高裁に向かう東京高裁の岡口基一裁判官(右手前)と弁護団=11日午後

 分限裁判のため最高裁に向かう東京高裁の岡口基一裁判官(右手前)と弁護団=11日午後
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報