東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

福島でソフト6試合実施へ 「復興五輪」より具現化

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、福島県営あづま球場(福島市)で実施する五輪のソフトボールの試合数を、これまでの計画の「1」から「6」に増やす方針であることが11日、関係者への取材で分かった。東日本大震災の被災地での観戦機会を増やし、「復興五輪」の理念をより具現化する。詳細な日程は地元自治体を含めた関係者間で協議を続ける。

 7月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認された競技日程では、ソフトボールを開会式2日前の20年7月22日、野球は7月29日に、いずれも開幕戦の日本戦各1試合をあづま球場で行うとしていた

(共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報