東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

英中銀総裁の退任延期 20年1月、EU離脱に対応

 【ロンドン共同】英政府は11日、中央銀行イングランド銀行(BOE)のカーニー総裁の退任時期を2020年1月末まで延期すると発表した。これまでは19年6月末に退くとしており、7カ月延ばすことになる。

 英国は19年3月末に欧州連合(EU)からの離脱を予定しており、金融政策の継続性を保ち、経済の混乱を抑える狙いがある。

 ハモンド財務相とカーニー氏は書簡を公表。ハモンド氏は延期の理由を「スムーズなEUからの離脱と次期総裁への効果的な引き継ぎのため」と説明した。

 イングランド銀行のカーニー総裁(ロイター=共同)

 イングランド銀行のカーニー総裁(ロイター=共同)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報