東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

留置場からプラスチック片、大阪 逃走に使うため入手か

 大阪府警富田林署から勾留中の無職樋田淳也容疑者(30)が逃走した事件で、留置場の居室から先のとがったプラスチック片が見つかっていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。府警は、容疑者が逃走に使うために隠し持っていた疑いがあるとみて、入手経路を調べる。

 捜査関係者によると、留置場の居室内にはプラスチックを使用した備品を置いていない。勾留中に何らかの方法で持ち込んだとみられ、逮捕時の所持品検査や差し入れ品の点検に問題があった可能性がある。

 容疑者の居室のトイレ近くからは、複数の当直担当署員の名前が書かれたカレンダー形式のメモが見つかった。

(共同)

 樋田淳也容疑者(大阪府警提供)

 樋田淳也容疑者(大阪府警提供)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報