東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

立民「参院比例候補者に20人」 LGBTら多様性重視

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は25日、東京都内で開かれた共同通信加盟社論説研究会で講演し、来年夏の参院選比例代表候補者に、性的少数者(LGBT)や障害者を含め、少なくとも20人を擁立する方針を明らかにした。「支持率の状況などから、20人くらい立てたい。多様性を党として体現したい」と述べた。うち最低4割を女性にする考えも示した。

 32ある改選1人区について「少なくとも過半数が取れないと安倍政権を追い込めない」として、野党候補一本化に意欲を表明。複数区に関しては「選択肢を提供するのが政党の責務だ」と述べ、原則として独自候補を擁立すると強調した。

(共同)

 講演する立憲民主党の福山幹事長=25日、東京・東新橋

 講演する立憲民主党の福山幹事長=25日、東京・東新橋
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報