東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

地震での崩壊面積、明治以降最大 13平方キロ、北海道の土砂崩れ

 最大震度7を観測した9月6日の北海道の地震で、厚真町などで起きた土砂崩れの崩壊面積が推定約13・4平方キロメートルと、記録が残る明治以降で国内最大だったことが5日、国土交通省への取材で分かった。

 国交省が、衛星写真や現地調査の結果を分析した。2004年の新潟県中越地震では約11・2平方キロメートル、1891年に愛知県や岐阜県で被害をもたらした濃尾地震では約10・8平方キロメートルだった。

 一方、国交省によると、北海道の地震で崩れた土砂の体積は約3千万立方メートルとみられる。新潟県中越地震では約1億立方メートルが崩れたとされる。

(共同)

 北海道厚真町吉野地区の土砂崩れ現場=4日午前(共同通信社ヘリから)

 北海道厚真町吉野地区の土砂崩れ現場=4日午前(共同通信社ヘリから)
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報