東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

首相、9条改憲「国防の根幹」 自衛隊明記へ意欲、衆院代表質問

 安倍晋三首相は29日に始まった衆院本会議の代表質問で、憲法9条に自衛隊を明記する改憲案について「国民のため命を賭して任務を遂行する隊員の正当性の明文化、明確化は国防の根幹に関わる」と意欲を表明した。外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管難民法改正案に関し「深刻な人手不足に対応するため、即戦力を期限付きで受け入れる」と必要性を強調。移民政策は採らないと訴えた。臨時国会の与野党論戦が始まった。

 首相は9条改憲に関し「今を生きる政治家の責任だ」とも力説した。立憲民主党の枝野幸男代表は質問で「(憲法で権力を)縛られる側の首相が改憲の旗を振るのは論外」と反発した。

(共同)

 衆院本会議で答弁に立つ安倍首相=29日午後

 衆院本会議で答弁に立つ安倍首相=29日午後
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報