東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

スバル、10月まで検査不正継続 10万台追加リコール

 SUBARU(スバル)は5日、一連の車の検査不正に関連し、規定を逸脱したブレーキの検査を今年10月まで続けていたと発表した。これに伴い、新たに約10万台のリコール(無料の回収・修理)を8日に国に届け出る。これまで不正行為は昨年末に終結していたと説明していた。2019年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正したことも明らかにした。

 一連の不正を受けて生産体制を見直し、19年3月期の国内生産台数を当初計画から1万6千台弱減らす。中村知美社長は東京都内で記者会見し、リコールの追加に関して「再びご心配、ご迷惑をお掛けしたことをおわびする」と謝罪した。

(共同)

 SUBARUのロゴ

 SUBARUのロゴ
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報