東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

辺野古移設で国と沖縄県の初協議 官房副長官と副知事

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、杉田和博官房副長官と沖縄県の謝花喜一郎副知事が9日、東京都内で会談した。菅義偉官房長官が記者会見で明らかにした。菅氏と玉城デニー知事が6日に合意した国と県による協議の初回。11月末まで約1カ月を協議期間としているが、一致点を見いだせるかは不透明だ。

 菅氏によると、会談で杉田、謝花両氏は移設を巡る考え方をそれぞれ述べ、できるだけ話し合いの機会を設ける方針で一致した。玉城氏によると、県側は会談を3〜4回行いたいと提案した。

(共同)

 全国知事会議に出席した沖縄県の玉城デニー知事(左)=9日夕、首相官邸

 全国知事会議に出席した沖縄県の玉城デニー知事(左)=9日夕、首相官邸
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報