東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【政治】

都の予算案、過去最大7・4兆円 五輪準備で5・9%増

 東京都は25日、一般会計を過去最大の7兆4610億円とする2019年度当初予算案を発表した。20年東京五輪・パラリンピックの準備にかかる費用が膨らみ、前年度比5・9%増となった。小池百合子知事は記者会見で「大会準備の総仕上げの時期。財政の健全性を確保しながら都政を力強く前進させる」と述べた。

 これまで最大だった1992年度の7兆2314億円を上回った。歳入は、都税が5・2%増の5兆5032億円で、過去2番目の規模を見込む。うち法人2税(事業税・住民税)は、堅調な企業業績を受け10・1%伸び、2兆578億円。

 歳出では、五輪の準備として5330億円を計上。

(共同)

 2019年度当初予算案を発表する東京都の小池百合子知事=25日午後、東京都庁

 2019年度当初予算案を発表する東京都の小池百合子知事=25日午後、東京都庁
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報