東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「お父さんに叩かれたというのは嘘」  女児「父に書面書かされた」 児相、確認せず家に戻す

 千葉県野田市の小学四年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、同県柏児童相談所は五日、一時保護解除後の二〇一八年二月、「お父さんに叩(たた)かれたのは嘘(うそ)」などと心愛さんが書いたとする書面を父親の勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=から見せられていたと明らかにした。柏児相は、父親に書かされた可能性が高いと認識していたにもかかわらず、二日後、心愛さんを当時暮らしていた父方の親族宅から両親のいる自宅に戻す決定をしていた。 

 柏児相は一七年十一月、小学校のいじめ調査アンケートに心愛さんが「お父さんにぼう力を受けています」と記入し、ほほにあざがあったことから心愛さんを一時保護。同年十二月末、心愛さんを親族宅に預けて様子を見ることを条件に、一時保護を解除した。

 柏児相によると、自宅に戻すかどうかを判断するため一八年二月二十六日、児相職員が親族宅で勇一郎容疑者と面会。勇一郎容疑者は、「(家族)四人で暮らしたい」「児童相談所の人に会いたくない」と書かれた心愛さんの署名入りの書面を示し「今日で娘を自宅に帰らせる」と要求した。

 児相職員は児相内部の会議で「父親に書かされた可能性がある」と報告していたが、心愛さんに自らの意思で書いたものかの確認をせず、柏児相は二月二十八日、心愛さんの通学先の小学校から「体に傷は見られない」と報告を受けていたことなどを根拠に、自宅に戻す決定をした。心愛さんは三月上旬、自宅に戻った。

 心愛さんは三月十九日、学校での児相職員との面談時に「書面は父親に書かされた」と打ち明けた。親族宅に滞在時、心愛さんは、勇一郎容疑者が仕事でいない時に母親なぎさ容疑者(31)=傷害容疑で逮捕=に会いに自宅へ帰っていた。その際に勇一郎容疑者からなぎさ容疑者にメールで指示があり、心愛さんはその内容を書き写したという。

 児相職員が確認すると、心愛さんは「一緒に暮らしたいのは本当の気持ち」と答えたため、児相側は再び保護することを検討しなかった。

 柏児相の二瓶一嗣(にへいひとし)所長は、心愛さんに書面を書かせた行為を「心理的虐待と捉える必要があった。(心愛さんは)つらかったと思う」と述べた。

◆柏児相に示された書面全文

 栗原心愛さんが書いたものとして、父親の勇一郎容疑者が千葉県柏児童相談所に示した書面は次の通り(漢字表記などは柏児相の発表通り)。

 お父さんに叩かれたというのは嘘です。小学校の先生に聞かれて思わず言ってしまいました。お父さん、お母さん、妹、〇〇(親族の呼び名)にたくさんの迷惑をかけてしまいました。ごめんなさい。ずっと前から早く4人で暮らしたいと思っていました。この間のときにも言いました。お父さんに早く会いたいです。児童相談所の人にはもう会いたくないので来ないでください。会うと嫌な気分になるので、今日でやめてください。お願いします。

(東京新聞)

記者会見する千葉県柏児童相談所の二瓶一嗣所長(右)ら=5日午後、千葉県庁で

記者会見する千葉県柏児童相談所の二瓶一嗣所長(右)ら=5日午後、千葉県庁で
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報