第二十四回参院選は十一日午前、改選百二十一議席(選挙区七三、比例代表四八)が確定した。自民党と公明党の与党、改憲に前向きなおおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の改憲四党で七十六議席を獲得した。自民党が追加公認した無所属の中西健治氏を加え改憲勢力が七十七議席を得た。非改選を含めた改憲勢力は百六十五議席となり、改憲発議に必要な三分の二(百六十二議席)を超えた。与党だけで三分の二超を占める衆院と合わせ、両院で改憲発議に必要な議席を得た。 [→記事全文へ

日付2016年7月11日
参院の新勢力
145
与党
  • 定数242
  • 残り議席0
97
野党
半数
121
非改選 76
 
 
69
 
非改選 45
52
公示前(欠員1)
135
106

改憲4党

160
獲得議席
  • 自民
    55
    (50)
  • 公明
    14
    (9)
  • 民進
    32
    (43)
  • 共産
    6
    (3)
  • お維新
    7
    (2)
  • 社民
    1
    (2)
  • 生活
    1
    (2)
  • こころ
    0
    (0)
  • 改革
    0
    (1)
  • 減税
    0
    (0)
  • その他
    5
    (8)

※政党名下の数字は今回の獲得議席

()内は改選議席

※改憲4党は自民、公明、お維新、こころ

全国

企画<10代からの社会保障>

東京

神奈川

千葉

埼玉

茨城

栃木

群馬

主な政党の公約