神奈川

「比例70万票獲得を」 共産・志位氏 横浜で訴え

2016年6月11日

演説する志位委員長=横浜市中区で

写真

 参院選の投開票まで一カ月となった十日、共産党の志位和夫委員長が横浜市中区の横浜文化体育館で演説を行い、選挙での躍進を誓った。

 志位委員長は六千人を超す聴衆を前に、沖縄県の米軍属による女性遺体遺棄事件に触れ「神奈川県は沖縄に次いで基地が多い。原子力空母の母港とされ、厚木基地の騒音に苦しんでいる。沖縄と神奈川の連帯で基地のない日本を作ろう」と訴えた。そして「県内で比例七十万票を獲得し、自民、公明を退場させよう」と呼び掛けた。参院選神奈川選挙区で共産党は新人を擁立する。他に自民、公明、民進、おおさか維新、社民などの公認や推薦を受けた十一人が立候補を予定している。 (小形佳奈)

主な政党の公約

新聞購読のご案内