東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞の本 >江藤省三の野球教室 打撃編

ここから本文

【東京新聞の本】

江藤省三の野球教室 打撃編

  野球が上手くなるQ&A100

江藤省三の野球教室 打撃編

江藤省三 著
1,337円 (本体価格1,238円)
ISBN 9784808309428

四六判変形 並製 184P

ご注文はこちらから [在庫:有り]

誰かが疑問に思ったことは、きっとみんなの役に立つ!

かゆいところに手が届く、野球上達のためのQ&A100

 

元プロ野球選手で、現在は慶應義塾体育会野球部監督として活躍中の江藤省三氏。長年プロ野球コーチとして培ったその手腕は高く評価され、また、学童野球などで次代のベースボールプレイヤーの育成にも力を注いでいます。

そんな江藤氏がもう一つのライフワークとしているのが、東京中日スポーツで1000回を超えて続いている連載「江藤省三の新野球教室」。 読者から寄せられた質問に江藤氏がわかりやすく、丁寧に答え好評を博しています。 「ぜひ本に!」という多くの声に応え、今回は打撃編としてまとめました。オールカラーの写真つきなので、連載時、文字だけでは伝えきれなかったものも、ビジュアルにチェックできます。

選手だけでなく、コーチ、保護者にも参考になる内容です。

  

【著者紹介】

江藤 省三(えとう・しょうぞう)

1942年4月29日、熊本県生まれ。中京商(現中京大中京)で主将として61年春夏の甲子園に出場。東京六大学野球の慶應義塾大でも主将として活躍、二塁手として4季連続ベストナインにも輝いた。66年、ドラフト3位で巨人に入団。69年に兄・慎一がいる中日に移籍。76年に現役引退後は、中日スコアラー、巨人コーチ・スカウト、ロッテコーチ・代理監督、横浜コーチなどを歴任した。東京中日スポーツ評論家として、同紙に「野球教室」(「新・野球教室」として現在も連載中)も執筆、学童から社会人までのアマ野球の指導にも尽力。2009年12月に慶應義塾大体育会野球部監督に就任、10年春季リーグ戦でチームを優勝に導き、秋季リーグ戦は2位に終わったものの、50年ぶりの早稲田大との優勝決定戦に持ち込んだ。「ジュニア野球練習メニュー200」(池田書店)、「KEIO革命」(ベースボールマガジン社)など著書多数。