東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞の本 >安心登山の技法

ここから本文

【東京新聞の本】

安心登山の技法

安心登山の技法

洞井孝雄 著
1,620円 (本体価格1,500円)
ISBN 9784808309558

A5判 並製 128P

ご注文はこちらから [在庫:有り]

登山という行為をおこなう人間の意識や姿勢こそが安全につながる

 

 山の遭難事故が絶えない。

 その多くは技術や体力、知識不足が原因だが、遭難一歩手前が「よくあること」として見過ごされたり、逆に武勇伝にすり替わっていたりと、登山界の過った風潮にも遠因がある。そこで本書は、さまざまな登山者の困った「生態」や「行動」について、豊富な事例を挙げながら問題点を指摘、整理していく。

 「そんなことでは危ないですよ」と。

 すなわち、安心して末永く登山を続けていくための技法である。

 辛口だが、著者の願いは、遍在する山の危険を賢く回避できる登山者になってほしいという一点にある。

 山の専門誌「岳人」と中日新聞の文化欄に連載したものをまとめた。

 著者は1950年生まれ。愛知を拠点に岩登りや沢登り、雪山、海外登山などさまざまなジャンルでの登山活動や教育・啓発活動を続けている。