東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞の本 >極限への挑戦者

ここから本文

【東京新聞の本】

極限への挑戦者

極限への挑戦者

ラインホルト・メスナー 著 スラニー京子 訳
1,944円 (本体価格1,800円)
ISBN 9784808309817

A5判 並製 320ページ

ご注文はこちらから [在庫:有り]

知られざるメスナーの素顔。超人の哲学がここに!

 

エベレスト無酸素単独登頂、8000m峰14座完登などで知られ、「超人」と異名をとる世界的な登山家R・メスナー。

全大陸の最高峰に立ち、ゴビ砂漠や北極、南極横断、雪男探索の冒険などを通してたどり着いた「自分の道」は、聖なる山々へ続いていた。

極限の挑戦者が自然環境と人間の生き方を考察。各国の山岳民族の支援、欧州議会議員として自然エネルギー導入にも尽力する。世界の頂点に立った登山家が、半生を振り返り、故郷の南チロルに山岳博物館を運営しながら農に生きる日々……。

人はいかに生きるべきか、その哲学、知られざるメスナー像があきらかになる。

  

<著者:ラインホルト・メスナー> ドイツ語圏の南チロル出身のイタリア人。1980年にエベレストを単独無酸素登頂し、86年にヒマラヤ8000m峰14座に完全無酸素登頂を果たした。少人数でヒマラヤを登る「アルパイン・スタイル」を生み出した世界最強の登山家の一人。『生きた還った 8000m峰14座完登』など、邦訳された書籍だけでも13冊を数える。

  

<翻訳:スラニー京子> 翻訳家。ウイーン大学精神科学部卒の哲学修士。翻訳書に、『さあ、出発だ!16年かかったバイク一周』など多数。オーストリア・グラーツ在住。