東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞の本 >登山の運動生理学とトレーニング学

ここから本文

【東京新聞の本】

登山の運動生理学とトレーニング学

登山の運動生理学とトレーニング学

山本正嘉 著
2,916円 (本体価格2,700円)
ISBN 9784808310134

A5判 並製 716P

ご注文はこちらから [在庫:有り]

ロングセラー『登山の運動生理学百科』がパワーアップ!!

 

8000m峰無酸素登頂など、実践と研究を両立させる著者が、30 年に及ぶ運動生理学の豊富なデータを駆使して解説する安全登山への案内書。

多くの登山者に愛読され、各国で翻訳された前著『登山の運動生理学百科』を大幅に改定。

身体の仕組みと関連づけながら、疲労や障害、身体トラブルの対策など詳細に分かりやすく解説。初心者・ベテランを問わず、ハイキングから雪山、海外トレッキング、高所登山、トレイルランニングまでを対象に、より安全、快適な登山のためのヒントとト

レーニング方法を網羅している。

登山愛好者をより充実した山歩きへと導く必読の書。

  

【内容】

1 章: 登山と健康

2 章: 登山界の現状と課題

3 章: 登山の疲労とその対策

4 章: 登山のための体力トレーニング

5 章: 海外での高所登山・トレッキング

6 章: 登山における人間の可能性と限界

    

【著者紹介】

1957年生まれ。東京大学で運動生理学を専攻。鹿屋体育大学教授。東京大学スキー山岳部OB。前著『登山の運動生理学百科』により「秩父宮記念山岳賞」受賞。韓国、台湾などで翻訳出版。