東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞の本 >東京くねくね

ここから本文

【東京新聞の本】

東京くねくね

東京くねくね

松尾貴史 著
1,404円 (本体価格1,300円)
ISBN 9784808310189

四六判 並製 256P

ご注文はこちらから [在庫:有り]

キッチュなTOKYO街歩きエッ!?セイ

 

東京をくまなく探索徘徊。

足掛け5年、よくもくねくねしたものです。

街の秘密、楽しみ、様々な営みやその成り立ちを、

現場でナニして参りました!      (松尾貴史)

     

あるときは俳優、またあるときは論客、作家にしてカレー屋の主人でもあるキッチュこと松尾貴史が、気の向くまま、無責任に東京23区

(と、武蔵野、八王子、町田はともかく、なぜか横浜、横須賀、川崎、船橋、川越まで)を歩きました。

本人の勝手な思い込みや決めつけでコースを決めて、偶然の出会いに導かれつつ横道にそれ、看板にツッコミをいれたり、ヘンな場所

で長居したり。

街の人々との触れ合いに、最後はほっこり……はしません、多分。

本書への意気込みを示すべく、松尾芭蕉の子孫を自認する(ウソ)俳人・松尾貴史が各区、市にちなんだ句を詠み、芸術大学で研鑽を積んだ(ホント)画伯・松尾貴史がその土地に関する印象的なひとコマ、連想する人物を描いたオリジナルのイラストも披露しています。