東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞の本 >定年が楽しみになる! オヤジの地域デビュー

ここから本文

【東京新聞の本】

定年が楽しみになる! オヤジの地域デビュー

定年が楽しみになる! オヤジの地域デビュー

清水孝幸 著  佐藤正明 絵
1,512円 (本体価格1,400円)
ISBN 9784808310264

四六判 並製 228ページ

ご注文はこちらから [在庫:有り]

「定年退職した後、毎日、家にいるのはやめてね」

地域デビューを思い立ったきっかけは、妻の厳しいひと言だった。

 

 仕事人間が、50歳を過ぎ、定年を意識し始めた。仕事をやめたら有り余る時間を毎日どうやって過ごせばいいのか。趣味がない。近所にほとんど知り合いがいない。このままでは居場所がなくなってしまう。定年になる前に、少しずつ準備をしなくては――。

 そして始まったのが定年後の居場所探し。仕事の合間をぬって様々なことを体験してみた。趣味講座では意外な才能や女子力(!?)に目覚めたり、仕事の経験を活かして講師も務め、色々なボランティアにも挑戦。地元の公民館などを活用したおかげで、懐にもやさしいし、何より地域で友人が増えた。そんなオヤジの「地域デビュー」を、佐藤正明氏のクスリと笑えるイラストとともにご紹介。

 「濡れ落ち葉」と聞いてドキッとする皆さん必読の書! 

 ご自身の自由な時間を維持するために、奥さまからダンナさまにプレゼントする、というのもアリ!です。