東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 渡良瀬有情 > 2003年度

ここから本文

【2003年度 渡良瀬有情】

2004年3月 春光

2004年3月 春光

 北海道・中標津町に暮らす写真家の久保敬親さんが、渡良瀬遊水地に初めて訪れた。久保さんは日本の自然環境に視点を置いて、野鳥と動物たちが命をはぐくむ姿を、感動的な映像で撮り続けている。狙いはハイイロチュウヒだった。

記事全文へ

2004年2月 冬の日

2004年2月 冬の日

 冬の高気圧に覆われた渡良瀬遊水地の朝、関東平野を取り囲む山並みが一望される。遊水地の中央にある渡良瀬川の新赤麻橋の土手付近からの展望がいい。

記事全文へ

2004年1月 冬の夜明け

2004年1月 冬の夜明け

 この冬、標高1400メートルの赤城山・鳥居峠から渡良瀬川の幻想的な夜明けを撮影した。ここは関東平野を一望できるビューポイントで、車で行けるのがいい。同山の東斜面の水源からは鳥居川、猿川、鹿角川、小黒川など何本もの川が渡良瀬川に注いでいる。

記事全文へ

2003年12月 ヨシ刈り

2003年12月 ヨシ刈り

 渡良瀬遊水地の冬の風物詩であるヨシ刈りが今月から始まった。遊水地の約半分の面積1500ヘクタールに広がるアシ原が刈り取られていく。冬の日に、堤防からヨシ刈りと富士山を望む光景は、自然と人間の営みを語る日本の原風景のようでいつも心を癒してくれる。

記事全文へ

2003年11月 行く秋のオギ群落

2003年11月 行く秋のオギ群落

 渡良瀬遊水地の晩秋、白い穂が一面に広がるオギ群落と幻想的に漂う川霧に魅了される。暮れゆく秋を惜しむような郷愁を感じる光景だ。

記事全文へ

2003年10月 皇海山へ

2003年10月 皇海山へ

 渡良瀬川の源流に位置する皇海山(すかいさん)は栃木と群馬の県境に広がる足尾山塊の主峰(2144メートル)である。深田久弥氏の「日本百名山」の一座として知られ、登山者の人気が高い。

記事全文へ

2003年9月 秋めく山野

2003年9月 秋めく山野

 渡良瀬川流域に8月下旬、近づいた秋の姿を訪ね歩いた。今年は冷夏に見舞われたが、訪れた数日間は太平洋高気圧が関東地方を覆い、最高気温が挙xを超えて今年一番の暑さとなった。

記事全文へ

2003年8月 夏の谷中村遺跡で

2003年8月 夏の谷中村遺跡で

 渡良瀬遊水地に先月{日、95年ぶりに帰ってきた旧谷中村の延命院の鐘の音が響き渡った。

記事全文へ

2003年7月 梅雨のアシ原

2003年7月 梅雨のアシ原

 梅雨空の下、広大な渡良瀬遊水地に群落するアシは人の背丈を超えて約3・にもなった。アシの成長の早さには驚くばかりだ。1カ月後には褐色を帯びた花をつける。

記事全文へ

2003年6月 初夏のヨシ霧

2003年6月 初夏のヨシ霧

 渡良瀬遊水地の夜明け前、薄明のアシ原に川霧が漂い始めていた。乳白色の帯が一面に広がり、木々の頭がその上にポッカリと浮かぶ。川霧の上空には有明の月が見えた。月が欠け終わりを迎えるさびしい趣が、何故か心をいやしてくれる。明るさで月が消えると、地平線から淡い色の太陽が顔を出した。まるで墨絵のような幽玄な世界を鑑賞する思いだった。

記事全文へ

2003年5月 風薫る日

2003年5月 風薫る日

 初夏の渡良瀬遊水地は一面に新緑のアシ原が広がり、吹く風も気持ちいい。ヨシ焼きで燃え残った枯れヨシが今年は多く点在し、新緑の鮮やかさを演出してくれる。

記事全文へ

2003年4月 春のアシ原

2003年4月 春のアシ原

 4月を迎えた渡良瀬遊水地は、植物が芽を出し花を付け、野鳥がさえずる春たけなわの季節。自然の営みに多くの感動を覚える。植物の成長は早く、一週間ぶりに訪れると風景の変ぼうに驚く。

記事全文へ

バックナンバー