東京23区の魅力再発見
目黒区
目黒区役所 〒153-8573 目黒区上目黒2-19-15 電話 03-3715-1111(代表)
住宅街の中の癒しスポット 碑文谷公園
〜都会にいながら、ボート遊びができる!ポニーに乗れる!〜
   学芸大学駅から住宅街を歩いていくと、こんもりと木々が茂る一角が見えてきます。閑静な住宅街の中にある碑文谷公園は、大人も子どもも楽しめる都会の癒しスポットです。
 公園の真ん中にある弁天池は、その昔、水田灌漑用ため池で、村人の「命の水」となっていました。現在は碑文谷公園のシンボルともいえる存在で、池の周りにあるベンチでのんびりおしゃべりや読書を楽しんだり、ボートに乗って池の生き物を間近に感じたりすることができます。公園の木々が色鮮やかに紅葉する11月や桜の季節は特にお薦めです。
 子どもに大人気なのが、ポニーをはじめ、ウサギ・モルモット・犬などがいるこども動物広場。ポニーに乗ったり(中学生以下)、小動物をさわったり、抱っこしたり、いつもにぎわっています。
 あなたも碑文谷公園で自然を感じてみませんか?きっとゆったりとした気分になれますよ。
碑文谷公園
アクセス=東急東横線「学芸大学」駅下車徒歩6分
こども動物広場 Tel/03-3714-1548 ボート場 Tel/03-5721-1774
休み/月曜日・祝日の翌日(月曜日が祝日と重なるときはその翌日)・年末年始
※ボート場は平成24年4月より土日祝日のみ営業。12〜2月は休業。
平成22年10〜12月東京新聞・朝刊 東京23区版に掲載、
“近くて魅力ある東京を歩いて楽しむ”シリーズです。

目にあざやかな青と黄のコントラスト
秋の紅葉
美しく黄色く染まるイチョウ並木
黄金に輝くイチョウ並木
 東京のイチョウ並木といえば神宮外苑などが有名ですが、目黒区東山のイチョウ並木もそれらに負けず見事な紅葉を見せます。
 自衛隊中央病院の前から東山宿舎へ、寿福寺から東山公園へと南北、東西に延びるイチョウ並木。青空に一直線に輝く黄金の葉が、深まり行く秋の閑静な住宅街を鮮やかに彩ります。
あたたか味のあるライトアップが楽しみ
中目黒
イルミネーションは11月から翌年の1月中ごろまで
いつも多くの人で賑わう街
 かつて庶民的だった中目黒の街。今では目黒川沿いにおしゃれなブティックやカフェが建ち並び、若者が集まる街に変貌しました。春は目黒川沿いの桜で賑わいます。
 中目黒の冬の風物詩といえる「中目黒あかりまつり」が12月中旬〜下旬まで駅前の中目黒GTで実施され、たくさんの来場者を楽しませてくれます。
スイーツ好きにうれしい
自由が丘
いろいろなスイーツが楽しめます
おしゃれ&スイーツの街
 おしゃれな街、自由が丘を代表するグルメは「スイーツ」。老舗洋菓子店から人気パティシエの本格スイーツ店まで、見ているだけでも楽しくなります。
 スイーツの街・自由が丘のイメージキャラクターは「ホイップるん」。街のイメージソング「夢・自由が丘」オリジナルCDを制作、より一層街の魅力を発信しています。
Vol.10
連携して、みどりの保全と地球温暖化防止
〜オール東京62市区町村共同事業〜
 東京都内全62市区町村では、「かけがえのない地球を守ろう〜一人ひとりの力をつないで〜」という共同宣言のもと、平成19年度から「みどり東京・温暖化防止プロジェクト」に取り組んでいます。
 本プロジェクトは、特別区長会、東京都市長会、東京都町村会が主催し、特別区協議会と(財)東京市町村自治調査会が企画運営を担っています。
 このプロジェクトの一環として、今年12月に開かれる国内最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」に参加し、オール東京62市区町村共同事業や市区町村の環境に対する取組・施策等を発表します。
詳しくは、ホームページをご覧ください。
特別区に関する資料は 特別区自治情報・交流センター(東京区政会館4階)へ
ホームページはこちら

公益財団法人 特別区協議会
〒102-0072 千代田区飯田橋3-5-1 東京区政会館 TEL 03-5210-9917
ホームページはこちら