東京23区の魅力再発見
中野区
中野区役所 〒164-8501 中野区中野4-8-1 電話 03-3389-1111(代表)
中野の逸品グランプリ2012

前回 食いしんぼ部門金賞受賞 イリュージョンのナポリタン
 「中野の逸品グランプリ」は、中野で製造・販売されている食品から「中野の逸品」を選出して、区内外に発信する食の祭典です。あなたのお気に入りのお店の「おいしいメニュー」を推薦してください。
 店内で飲食するメニュー「食いしんぼ部門」と、持ち帰り可能な販売メニュー「おみやげ部門」それぞれ1メニューずつ、投票箱あるいは逸品WEBから投票できます。自薦・他薦は問いません。あなたの一票をお待ちしています。一般の投票は終了。平成24年3月17日に審査員による最終審査を行い、受賞メニューを決定。
詳しくは「中野の逸品グランプリ2012」ホームページをご覧ください。
野方配水塔
昭和4(1929)年に建造された配水塔
 大正時代に山の手地域の人口が増加したことから、多摩川の水を引いて中野・杉並・豊島・板橋区などに水道を供給するため、野方配水塔は建てられました。高さ約34m、直径約18mの円筒形の塔は、約2000トンの水を貯えることができます。
 配水塔としては一九六六年に役目を終えましたが、中野区みずのとう公園として整備され、国の登録有形文化財に登録されました。今、配水塔は大都市東京の成立の過程を示す、私たちの生活に密着した貴重な歴史遺産としての新たな役割を担っています。
所在地/中野区江古田一丁目3番 みずのとう公園内
問い合わせ/学習スポーツ分野 文化財担当 03-3228-8731
平成22年10〜12月東京新聞・朝刊 東京23区版に掲載、
“近くて魅力ある東京を歩いて楽しむ”シリーズです。

郷土の歴史と民俗にかかわる資料を展示
歴史民俗資料館
ジオラマで再現された太古の中野区
中野区の歴史はここで
 郷土の文化遺産を保存するため、平成元年に開館した資料館。常備展示室では、縄文弥生時代から現代まで、中野の歴史を写真やジオラマなどでわかりやすく再現。江戸時代の宝仙寺三重塔を復元した模型もあります。
所在地/東京都中野区江古田4-3-4
電 話/03-3319-9221
9:00〜16:30、月曜・毎月第3日曜日は休館
アクセス=西武新宿線「沼袋駅」より徒歩8分
哲学の庭には11人の思想家の彫刻が立つ
哲学堂公園
哲学の庭で「人生」について考えてみる?
哲学世界を視覚的に表現
 東洋大学の創設者、井上円了博士によって精神修養の場として開設された哲学堂公園。2009年12月、ハンガリーの彫刻家、故ワグナー・ナンドール氏の彫刻が寄贈され、釈迦・キリスト・ガンジーなど世界の思想家11体の彫刻からなる「哲学の庭」が誕生。約5万m2の敷地には、野球場、弓道場などの運動施設も併設。
所在地/中野区松が丘1-34
電 話/03-3951-2515
10〜3月は9:00〜17:00、入園は16:30まで
アクセス=西武新宿線「新井薬師前駅」より徒歩12分
ご本尊の黄金仏は12 年に一度のご開帳
新井薬師梅照院
「目の薬師」「子育て薬師」とも呼ばれる
人々の信仰篤い新井薬師
 ご本尊は、薬師如来と如意輪観音の二仏一体の黄金仏で、高さ一寸八分(約5・5cm)のご尊像。12年に一度、寅年に開帳されます。
 徳川二代将軍秀忠の娘和子が眼病を患ったとき、薬師如来に祈願したところ治ったことなどから「目の薬師」と呼ばれ、また「子育て薬師」とも呼ばれて篤く信仰されています。
所在地/中野区新井5-3-5
電 話/03-3386-1355
アクセス=西武新宿線「新井薬師前駅」より徒歩5分、JR中央線「中野駅」下車北口よりバス5分
Vol.14
特別区の共同事業〈2〉
皆さんが分別したごみのゆくえご存知ですか?
 23区の可燃ごみは清掃工場で安全に焼却し、熱エネルギーを発電や熱供給に有効利用しています。不燃ごみと粗大ごみは細かく砕き、資源となる金属を回収した後、埋立てています。

 このようなごみの「中間処理」は23区が「東京二十三区清掃一部事務組合(清掃一組)」を設立し、共同で行っています。ごみの収集・運搬は各区、中間処理は清掃一組、埋立処分場の設置・管理は東京都と、三者の役割分担のもと、連携して行っています。
あなたのまちの清掃工場を見学してみませんか? 見学日程はホームページで!

特別区に関する資料は 特別区自治情報・交流センター(東京区政会館4階)へ
ホームページはこちら

公益財団法人 特別区協議会
〒102-0072 千代田区飯田橋3-5-1 東京区政会館 TEL 03-5210-9917
ホームページはこちら