東京23区の魅力再発見
練馬区
練馬区役所 〒176-8501 練馬区豊玉北6-12-1 電話 03-3993-1111(代表)
練馬区立石神井公園ふるさと文化館

「体験」重視の生涯学習施設・観光交流センターとして
 練馬区の歴史や伝統文化、自然等について資料や模型に触れて体験しながら学ぶことができるほか、練馬区にちなんだ商品「ねりコレ」や特産品、素敵な風景100選やまち歩き観光スポットなどを紹介しています。武蔵野名物の本手打ちうどんが味わえる休憩コーナーも併設。
 また隣接する池淵史跡公園には、茅葺屋根の古民家「旧内田家住宅」(写真)が移築展示されています。
所在地/練馬区石神井町5-12-16 Tel/03-3996-4060
アクセス=西武池袋線「石神井公園」駅より徒歩15分、西武新宿線「上井草」駅より徒歩20分
平成23年で開園85周年を迎えた遊園地「としまえん」

開園以来初の本格的「ウィンターイルミネーション」が開催されました
 冬季は毎年多くの人で賑わう「屋外アイススケートリンク」を開設。平成23年は本格的なイルミネーション「キャンディイルミネーション」を開催。カラフルで鮮やかなLEDや音楽、巨大な電飾ツリーなどイルミネーションの数々を贅沢に楽しめました。
 近接する天然温泉「豊島園庭の湯」で疲れを癒すのも一興。周辺には飲食店や映画館も充実しています。
所在地/練馬区向山3-25-1 Tel/03-3990-8800
アクセス=西武豊島線「豊島園」駅より徒歩1分、都営大江戸線「豊島園」駅A2出口より徒歩2分
平成22年10〜12月東京新聞・朝刊 東京23区版に掲載、
“近くて魅力ある東京を歩いて楽しむ”シリーズです。

ふるさと文化館で歴史や文化を楽しく学べる
石神井公園
色鮮やかな紅葉が楽しめます
武蔵野の自然を満喫
 静寂な趣の三宝寺池は紅葉が見頃で、石神井池ではボート遊びが楽しめます。池の南側に建つ「石神井公園ふるさと文化館」は、練馬区の歴史や伝統文化、自然などを体験しながら学べます。隣接する池淵史跡公園内には、練馬区指定文化財で萱葺屋根の古民家「旧内田家住宅」が移築展示されています。
所在地/練馬区石神井台1-26-1
電 話/03-3996-3950(石神井公園サービスセンター)
アクセス=西武池袋線「石神井公園駅」より徒歩7分
夜を華やかに彩る「万灯行列」もおすすめ
関のボロ市
毎年多くの人で賑わうボロ市
江戸時代から続く市
 毎年12月9日、10日、本立寺で開かれるお会式とともに開催され、古着や骨董、食べ物など300軒もの露天が並びます。江戸時代中期から270年以上続いている伝統行事で、練馬区無形民俗文化財に登録。
 9日の夜には、長い傘に花飾りや電飾を施した花万灯などを持って練り歩く「万灯行列」が行われます。
所在地/練馬区関町北4-16-3
電 話/03-3920-1384(本立寺)
アクセス=西武新宿線「武蔵関駅」より徒歩3分
植物について知りたい時は「花とみどりの相談所」へ!
光が丘公園
イチョウ並木の黄葉はみごと
野鳥観察が楽しめる
 約60万平方メートルの区内最大の公園で、池や州浜などを配置したバードサンクチュアリでは野鳥の観察ができます。
 光が丘公園の南側には四季の香公園があり、「花とみどりの相談所」で相談員が植物の育て方などを教えてくれます。また、「温室植物園」では、バナナやカカオなど、約250種類の熱帯・亜熱帯の植物が見られます。
所在地/練馬区光が丘4-1-1
電 話/03-3977-7638(光が丘公園サービスセンター)
アクセス=都営地下鉄大江戸線「光が丘駅」より徒歩8分
Vol.20
特別区トリビア〈5〉
東京23区の世帯
 平成22年国勢調査によると、東京23区の一般世帯(約453万2千世帯)のうち一人世帯(単独世帯)の割合は、49.1%で、全国の32.4%と比較してきわめて高い割合となっています。都内市町村では37.8%ですから、特別区に単独世帯が多いことがわかります。
 東京23区の単独世帯について、各年齢別の構成割合の推移を見ていくと、未婚化や晩婚化の傾向や世帯の高齢化の進展などが明らかになってきます。
 日常生活を営む基本単位である「世帯」の変化は、「人口」と並んで、行政施策や計画に大きな影響を与えます。

特別区に関する資料は 特別区自治情報・交流センター(東京区政会館4階)へ
ホームページはこちら

公益財団法人 特別区協議会
〒102-0072 千代田区飯田橋3-5-1 東京区政会館 TEL 03-5210-9917
ホームページはこちら