イオン環境財団の助成活動 里山再生に貢献する団体を募集中

イオン環境財団

提供/イオン環境財団

イオン環境財団は、豊かな自然環境を次代へ引き継ぐため「イオンの森づくり」「助成」「環境教育」「パートナーシップ」を柱としたさまざまな環境活動を行っています。

イオン環境財団の活動とは

イオン環境財団は「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」というイオンの基本理念のもと、1990年に設立されました。現在は、「イオンの森づくり」「助成」 「環境教育」「パートナーシップ」の4事業を中心に、ステークホルダーの皆様とともに、継続して活動を推進しています。

植樹活動

地球温暖化防止、そして生物多様性の保全と利用。地域のみなさまとともに植樹活動を行っています。

1991年から始まったイオンの植樹活動は、イオンの基本理念を具現化する活動として位置付けられています。現在は、財団による森づくりに加え「イオンふるさとの森づくり」「イオン東北復興ふるさとの森づくり」の3つの活動を、世界各地のみなさまとともにすすめており、これまでのイオン累計植樹本数は約1,223万本となりました。
これからは活動を更に進化させ、持続可能な地域の実現を目指し、各行政、学校、研究機関等と協働し、「イオンの里山」づくりに取り組んでまいります。

植樹の様子(2021年4月 千葉県君津市)

第31回 イオン環境活動助成 公募概要

この助成活動は、国内外で地域に根差して環境活動に取り組んでいる非営利団体に対し、活動費の一部を支援することを目的としています。

助成件数

● 基本テーマ

「里山コモンズの再生」
地域で大切にされてきた里山。しかしながら、行き過ぎた開発で荒廃したり、人手が入らずに劣化するなど、人と自然との共生関係が崩れかけています。
望ましい共生関係を、地域内外の多様な人々との連携で取り戻していく。 この「里山コモンズの再生」を通じて、地球環境の持続性に貢献する里山づくりを目指します。


● 活動分野

基本テーマに基づいた、いずれかの活動分野
1.里山(里地・里川・里湖・里海を含む)の保全・維持・管理
2.植樹を含む里山の修復
3.野生動植物・絶滅危惧生物の保護
4.自然資源の利活用
5.自然環境教育

● 活動対象期間

2022年4月1日〜2023年3月31日

申請方法

イオン環境財団のホームページからエントリーしてください。
応募締切 :8月12日(木)