Tokyo技能五輪・アビリンピック2021特集

Tokyo技能五輪・アビリンピック2021特集

提供:東京メトロポリタンテレビジョン

23歳以下の若者が職場などで学んだ技能を競う「技能五輪全国大会」と15歳以上の障害のある人が日ごろ培った技能を競う「全国アビリンピック」が12月17日から20日まで東京ビッグサイトで開催されました。
開催間近に迫った技能五輪全国大会に向けて練習に励む様子や競技の見どころなど最新情報をご紹介します。

< 技能五輪全国大会とは >

青年技能者(原則23歳以下)が、職場などで培った“技能”で日本一を競う大会。
モノづくりニッポンの将来を担う若者の技能向上や、技能の重要性・必要性の周知などを目的に昭和38年から毎年開催され、国際大会の前年には派遣選手選考会も兼ねられる。
59回目となる今大会は、東京ビッグサイトをメイン会場に、機械、金属、電子技術、建築、サービス・ファッション、情報通信など全42職種で熱い“技能バトル”が繰り広げられる。

< 全国アビリンピックとは >

障害のある方々が、日頃職場などで培った技能を競う大会。正式名称は「全国障害者技能競技大会」だが、大会を親しみやすいものとするため「アビリティ」(ABILITY・能力)の意味を込めた愛称「アビリンピック」を使用している。障害のある方々の職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々に、障害のある方々に対する理解と認識を深めてもらい、雇用の促進を図ることを目的として開催されている。競技職種は25種、年齢制限はない。

TOKYO MXで毎週放送中

2022年1月4日放送分 技能五輪Road to Tokyo 「ついに夢舞台へ!『全国大会SP』放送直前特集」

今回の『技能五輪Road to Tokyo』は『堀潤モーニングFLAGスピンオフ 技能五輪全国大会スペシャル』(1月9日放送)を前に、ひと足早くSP番組の『みどころ』をご紹介します。2021年12月17日~20日にかけて、東京ビッグサイトをメイン会場に開催された『第59回技能五輪全国大会』。SP番組では4つの競技職種『電気溶接』『左官』『家具』『フラワー装飾』を中心に、自らの“技能と誇り”をかけて日本一に挑んだ“Z世代の匠たち”に密着。大会本番の『熱戦』の模様はもちろん、夢舞台にかける『秘めた思い』や『努力の道のり』を徹底取材しました。スタジオには金賞受賞者たちが登場。日本一に輝いた“技能”を披露するとともに“歓喜”の舞台裏をたっぷり語ってくれます。『技能五輪全国大会スペシャル』を何倍も楽しめる“事前情報”も盛りだくさんです。

過去の放送分はこちらから

2021年12月14日放送分
技能五輪Road to Tokyo
「悲願の金賞へ!リベンジに燃える“配管の匠”」

2021年12月7日放送分
技能五輪Road to Tokyo
「レストランサービスの“若き匠”金メダルへの猛特訓」

2021年11月30日放送分
技能五輪Road to Tokyo
「目指せ全国大会!若き電気溶接職人たちの挑戦」

◆毎週月曜日~金曜日 朝7時~8時まで生放送「堀潤モーニングFLAG」

堀潤モーニングFLAG

ジャーナリスト堀潤と、“Z世代”と呼ばれる若者世代中心の「コメンテーターZ」が、毎日のニュースを“もっとカジュアルに”伝える、朝の“新感覚”情報番組。コロナ、都政、国政、事件、事故などの最新ニュースはもちろん、特集コーナーでは気なるニュースワードや、経済・トレンド・最新カルチャーなどもしっかり深掘り!

技能五輪公式HP

TOKYO MX