元宝塚男役スター・七海ひろき 3作目のアルバム「FIVESTAR」をリリース

2021年6月29日 07時30分
 元宝塚歌劇団の男役スター、七海(ななみ)ひろきが七月七日にミニアルバム「FIVESTAR(ファイブスター)」を出す。コロナ禍の日々にあって「皆さんが前向きに元気になっていただけたら」と話す。
 二〇一九年三月に宝塚を退団し、「男役七海」から「無印の七海」としてスタート。音楽活動のほか、俳優、声優、ラジオパーソナリティーなどの経験を積んできた。退団から二年余、「夢中にがむしゃらに進んできました」と振り返る。
 アルバムとして三作目となる新作には、自分らしく挑戦し続けていくという意味を込めて「チャレンジ」をテーマにした五曲を収録した。このうち、疾走感のある「DARKNESS」の作詞には七海も共作で参加した。
 サビの「翔(と)び出せ 翔び出せ」は、「(退団から)三年目という時に、より言葉にして伝えたい思いです」と力を込め、「未来に向かって新たなチャレンジをして、切り開いていくとの思いは年々強まっています」と力強く語る。
 「皆さんが楽しんでくれているのを感じるのが好きです」と笑顔を見せ、「楽しんでもらえることが私の生きがいだということをこの二年で改めて感じています」と話す。退団後に始めたSNSでのファンとのやりとりがパワーになっているとも。
 今後については「一つ一つ(の仕事)において、より進化して、表現の幅を広げたいです」と笑顔で結んだ。 (山岸利行)

関連キーワード

PR情報

芸能の新着

記事一覧