五輪バブルの穴露呈 選手村スタッフ同士4人で会食し2人コロナ感染

2021年7月6日 20時56分
東京五輪の選手村

東京五輪の選手村

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は6日、5日に発表した新型コロナウイルス検査陽性者のうち、2人が選手村に勤務するスタッフだったと明らかにした。2人は国内在住で、選手村で勤務するほかの2人と飲食で同席していた。選手村は13日からの選手受け入れ開始に向けて準備中だが、出入りする国内在住者が感染源となり、村内にウイルスを広げるリスクを露呈した格好だ。
 組織委は5日、1日以降に大会関係者ら9人が陽性になったと発表していた。組織委によると、1日に職員1人が陽性になり、濃厚接触者を調べたところ、一緒に村内で勤務していた業務委託者3人と食事をしていたことが判明。3人に検査をしたところ、1人が陽性だった。陰性の2人は自宅待機とした。食事の時間や場所、飲酒の有無は明らかにしなかった。
 選手村では選手らを専用車両で競技会場に運ぶなど「バブル(泡)方式」で外部と隔離するが、スタッフは自宅から通うため、ウイルスの流入を完全には防げない。そのため組織委はスタッフ同士での飲食を禁じており、担当者は「厳重注意をした。再発防止に向け注意喚起する」と話した。 組織委は6日、国内在住関係者で新たに3人が陽性になり、1日以降で計12人になったと発表した。(原田遼)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧