ソフト米代表監督「福島の桃、デリシャス」 ホテルで6個

2021年7月22日 20時41分
<取材メモ>

開幕前、会見に出席した米国のエリクセン監督=福島市で

 主催者の情けないニュースばかりが話題になるが、五輪の理念を感じさせる出来事があった。「福島の人々がファーストクラスの運営をしてくれた」。ソフトボール米国代表のエリクセン監督の言葉だ。
 22日、福島あづま球場での日程を終了。会見で「復興五輪」の意義について私が聞くと、回答は熱を帯びた。「コロナ対策でメディアが外に出られず、福島が美しく、安全なことを世界に伝えられなかったことが残念」と悔やんだ。そして「桃はデリシャスだった」と笑った。ホテルで6個も食べたという。
 原発事故後、福島県の食材は風評被害に悩まされる。選手村の食堂では、食材の産地が表示されず、「復興五輪」への取り組みが看板倒れになっている。監督の言葉は何より生産者を勇気づける。

カナダを破り、アボット投手㊨と勝利を分かち合うエリクセン監督=22日、福島で(AP)

 会見に同席したアボット投手は2009年からトヨタ自動車でプレーする。
 
 「当時私も日本にいた。津波や原発事故から立ち直ることは大変だったはず。しかし五輪を開けたという経験が、地元の若者や子どもに前向きな力となってほしい」。被災者の思いを背負ってプレーした選手たちに感謝をしたい。(原田遼)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧