尾身会長、「五輪も感染拡大の要素」 変異株や夏休み・お盆と並び 

2021年7月30日 06時00分
政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長

政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は29日、参院内閣委員会で、全国的な新規感染者急増に関して「大変な危機感を感じている。感染(者数)を下げる要素はないが、上げる要素はたくさんある」と強調した。市民のコロナ慣れや自粛疲れ、感染力が強いデルタ株の増加、夏休み・お盆期間を列挙した上で「さらに五輪がある」と語った。
 尾身氏は、五輪中止論に関しては「さまざまな意見が社会にある中で、政府・組織委員会は五輪をやると決定した。感染拡大や医療逼迫ひっぱくを防ぐため、するべきことはすべて全力でやることが政府・組織委の当然の責務だ」と語った。
 東京都の緊急事態宣言発令後も、人出が期待通りには減っていないとの認識を重ねて示した上で「最大の危機は、社会で危機感が共有されていないことだ」と強調。このまま感染拡大が続けば「医療の逼迫がさらに深刻になる」と危機感を示した。
 政府が進めるワクチン接種に関しては、人口の一定程度が免疫を持つと、感染症が流行しなくなる状態を意味する「集団免疫」獲得は当面は難しいとの考えを示した。「仮に70%にワクチンを接種しても、残りの30%がプロテクト(防護)されることにはならない」と語り、接種率の向上を求めた。(大野暢子)

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧