バンコクで2万人デモ「強権政治は終わりに」 2014年クーデター以降最大

2020年8月18日 14時10分
16日、バンコクの民主記念塔で開かれた反政府集会で、プラユット政権に退陣を求める若者ら=岩崎健太朗撮影

16日、バンコクの民主記念塔で開かれた反政府集会で、プラユット政権に退陣を求める若者ら=岩崎健太朗撮影

 【バンコク=岩崎健太朗】タイの首都バンコクで16日、軍出身のプラユット首相の政権に退陣を求める反政府集会が開かれ、若者を中心に約2万人が抗議の声を上げた。政府批判は新型コロナウイルス対策の行動規制緩和後、7月ごろから全土で拡大し、この日は2014年のクーデター以降、最大規模となった。
 「強権政治は終わりに」「真の民主主義を」―。プラカードを掲げた若者らが、かつての立憲革命を象徴する民主記念塔の周辺を埋め尽くした。現政権下で、既得権益者の優遇や税金の無駄遣いが蔓延しているとアピール。議会の解散や、公正な新憲法の制定を迫った。学生、女性、労働者の代表らは壇上から社会の不平等の是正を求め、「政府が対応しなければ、大規模な抗議が続く」と訴えた。
 タイでは昨年3月の総選挙を経て民政移行したが、陸軍司令官としてクーデターを主導したプラユット氏が政権を維持。野党への締め付けや、批判的言動の取り締まりなどの強権姿勢に対し、昨年末から抗議デモが断続的に続いている。
 さらに、不敬罪が存在し、タブーとされる王室の在り方に踏み込む発言も集会などで出始め、16日も数日前に一時身柄を拘束されたアーノン弁護士が「真に立憲的な君主制を」と言及する場面があった。16年に即位したワチラロンコン国王は別荘のあるドイツに滞在し、タイを不在にすることが多いとされる。
 政権は権力批判への監視を強化する一方、過剰な集会規制は避け、対話の姿勢を示すなど深刻な衝突回避に神経をとがらせている。幹部は17日、「他人の権利を侵さない限り、集会で意見を表明するのは自由だが、意見は人それぞれだ」と述べた。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧