菅氏、消費税増税は「今後10年は不要」と前日発言を軌道修正 将来的には必要と強調

2020年9月11日 13時43分
記者会見する菅官房長官(奥右)=11日午前、首相官邸で(共同)

記者会見する菅官房長官(奥右)=11日午前、首相官邸で(共同)

  • 記者会見する菅官房長官(奥右)=11日午前、首相官邸で(共同)
 菅義偉すがよしひで官房長官は11日午前の記者会見で、消費税増税に関し「安倍晋三首相はかつて、今後10年くらいは上げる必要はないと発言した。私の考えも同じだ」と述べ、10%の現行税率を当面は据え置くべきだとする考えを明らかにした。10日のテレビ番組で「引き上げざるを得ない」と述べたが、新型コロナウイルス対策として党内に消費税減税を求める声が上がる中、反発が広がらないよう軌道修正する狙いがありそうだ。
 菅氏は自民党総裁選の候補者が出席した10日夜放送のテレビ東京番組で「将来的なことを考えたら行政改革を徹底した上で、国民の皆さんにお願いして消費税は引き上げざるを得ない」と発言した。
 菅氏は11日の会見で「政権発足以来、経済再生なくして財政健全化なしとの考えの下でアベノミクスを推進してきた。昨日発言したのはあくまでもその先のことを念頭に置いたものだ」と述べた。その上で、当面は新型コロナ対策や経済再生に全力で取り組むとの姿勢を強調した。
 一方、麻生太郎財務相は11日の閣議後記者会見で、社会保障費の増大が見込まれる中、歳出・歳入改革が必要とし「消費税増税が一つのやり方というのは間違いない」との考えを示した。
 その上で「新型コロナの対応で補正予算を編成し、財政が厳しい状態になった。官房長官も分かっておられると思う」と指摘した。
(共同)

PR情報

政治の最新ニュース

記事一覧