銀座KK線 都が再生方針案公表 来月17日まで意見募集

2021年2月17日 07時24分

再生方針案で示された整備イメージ図

 都は十六日、将来的に公共空間として利活用を検討している中央区銀座の自動車専用高架道路「東京高速道路(KK線)」の再生方針案を公表した。三月十七日までパブリックコメント(意見募集)を実施している。
 案では、全長二キロのKK線を歩行者中心の公共空間に再生するとし、(1)緑豊かな憩いの場の整備(2)次世代モビリティの走行スペース確保(3)地域の魅力や価値の向上−といった目標を盛り込んだ。全区間の整備完了は二〇三〇〜四〇年代を目指し、段階的に一部区間の早期開放を図る。
 KK線は飲食街「銀座コリドー街」など十四棟のビルの上を、銀座エリアを取り囲むように通り、首都高速道路につながっている。渋滞解消のための首都高・日本橋区間の地下化に伴いKK線は廃止される見通しで、都などが有効活用策を協議していた。
 意見は、都都市整備局のホームページなどから提出する。 (小倉貞俊)

現在のKK線=都提供


関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧