辞任した五輪式典の統括役・佐々木宏氏はどんな人? 東北新社社長ともCMを製作

2021年3月18日 13時31分

佐々木宏氏

 東京五輪・パラリンピックの開閉会式の企画、演出で統括役を務めるクリエーティブディレクターの佐々木宏氏(66)が、タレントの渡辺直美さんの容姿を侮辱する演出を提案したことを受けて、辞任を表明した。佐々木氏は、大手広告会社の電通出身で有名なCMを多く手掛け、数々の賞に輝いてきた。
 佐々木氏は、コピーライターやクリエイティブディレクターとして、ソフトバンクの白戸家などキャンペーンやJR東海の「そうだ、京都、行こう。」のCM、サントリーのコーヒー飲料「BOSS」など注目を浴びるCMをつくってきた。麻薬撲滅運動の「ダメ。ゼッタイ。」も担当したという。
 2016年のリオデジャネイロ五輪の閉会式では、安倍晋三首相(当時)をスーパーマリオ姿で登場させる演出で、話題を集めた。

東北新社の中島信也社長

 東北新社の中島信也社長もCMディレクターとして活躍。カンヌ国際広告祭グランプリを受賞した日清食品カップヌードルの「hungry ?」や、サントリーの「伊右衛門」などがある。佐々木氏ともサントリー「DAKARA」のCMなどでタッグを組んだ。

関連キーワード


おすすめ情報