<新型コロナ>神奈川県で新たに94人が感染 北里大病院でクラスター

2021年4月12日 18時54分
神奈川県庁

神奈川県庁

 神奈川県内で12日、新型コロナウイルスに感染した厚木市の60代女性の死亡と、94人の感染が明らかになった。50人が感染経路不明。県と6市の保健当局が発表した。新規感染者数は1週間前の5日より26人多い。
 県によると、死亡した女性は7日に熱などの症状が出た。基礎疾患があったことなどから入院したが、肺炎が悪化したという。新規感染者は4人。
 横浜市は37人の感染を発表した。平成横浜病院(戸塚区)で入院患者2人の感染が新たに分かり、クラスター(感染者集団)は55人になった。
 川崎市は21人の感染を発表した。クラスターが発生した宮前区の高齢者通所施設を利用する70~80代の男性3人の陽性が新たに判明。同施設の感染者は職員9人を含め計17人となった。
 相模原市は12人の感染を発表。うち5人は北里大病院(南区)の医療従事者と患者で、感染が判明済みの患者1人と合わせ、6人のクラスターと認定した。
 茅ケ崎市は12人の感染を発表した。このうち40代と20代の女性2人は家族で、先に感染が確認された親族と一緒に食事をしたという。
 藤沢市は6人の感染を発表した。このうち60代の男女は夫婦で、普段は離れて住んでいる別の家族の感染が判明し、接触があったことから検査を受けて感染が確認された。
 横須賀市は2人の感染を発表した。

おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧