<新型コロナ>千葉県で新たに139人感染 55人に変異株 明海大でクラスター

2021年4月23日 19時49分
千葉県庁

千葉県庁

 千葉県内で23日、新型コロナウイルスに感染した90代以上の男性1人の死亡と、139人の感染が発表された。発表済み感染者のうち、55人に変異株が確認され、このうち1人は死亡後に変異株と分かった。県の変異株の1日当たりの発表数では過去最多で計238人となった。
 変異株と分かったのは、県内在住の10歳未満~90代以上の男女。全員海外滞在歴はなく、濃厚接触者がいたのは17人で、他は感染経路不明。厚生労働省の最新データ(4月5~11日)では、県内の感染者の対する変異株の検査率は43%で陽性率は18%だった。
 浦安市の明海大学で、運動系の部活動に所属する男子学生6人のクラスター(感染者集団)が認定された。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧