緊急事態宣言、東京都内の感染防止策は? 都立高校は分散登校とオンライン授業、小中学校は通常授業 県境またぐ移動は自粛

2021年4月23日 21時39分
 緊急事態宣言決定を受け東京都は23日、各種施設などへの休業要請をはじめとする感染防止策を発表した。
 飲食店の酒類提供停止などのほか、人が多く集まる床面積1000平方メートル超の施設への休業要請は、百貨店やショッピングモール(生活必需品売り場を除く)、ゲームセンターや体育施設、映画館、博物館、パチンコ店などを対象とした。特措法に基づかない都独自の取り組みとして、1000平方メートル以下でもこれら施設などは休業協力を依頼する。
 ネットカフェ、図書館は休業要請対象外。都立高校は分散登校とオンライン学習を実施。部活動は自粛する。小中学校は感染対策を徹底して通常通りの運営とする。引き続き不要不急の外出と都県境をまたぐ移動は自粛を求める。

東京都の対策本部会議=23日、東京都庁で

 小池百合子知事は同日夜の対策本部会議で「都民、事業者、行政一体となって難局に立ち向かいたい」と訴えた。(小倉貞俊)

PR情報

社会の新着

記事一覧