<くらし編>お年寄りにコロナワクチン 始まる

2021年4月24日 08時14分

岡山(おかやま)市の施設(しせつ)で新型コロナウイルスワクチンの注射を受けるお年より=12日

 新型(しんがた)コロナウイルスで病気になるのをふせぐワクチンは、2月から全国のお医者さんや看護師(かんごし)さんたちへの注射(ちゅうしゃ)が進んでいますが、4月12日、65さい以上のお年よりへの注射も始まりました。
 お年よりはコロナにかかると重い病気になりやすいので、わかい人より順番が先になりました。
 12日に注射を受けたお年よりは全国で1139人。終わった後「これでひと安心」などと話す人がいました。およそ3週間後にもう一度注射をすれば終わりです。
 65さい以上の人は日本に3600万人くらいいます。外国からとどくワクチンはまだ少ないため、すべての市や町などの自治体に行きわたっていませんが、国は「6月中にはお年より全員が2回注射できる分のワクチンを自治体にくばる」と話しています。

関連キーワード

PR情報