小池知事「繁華街での人の出多い」 東京の緊急事態初日に危機感 

2021年4月25日 20時26分
小池百合子知事

小池百合子知事

 新型コロナウイルスの感染拡大により東京など4都県で緊急事態宣言が発令された25日、東京都の小池百合子知事は都内の人流について「日中、繁華街での人の出が多い」と危機感を示した。
 その上で「ずっとこれを続けてくださいとは申していない。この間に、皆さんの動きをできる限り止めて、おうちで勉強したり、さまざま活動しておうちでお過ごしいただければと思う」と大型連休を挟む5月11日までの期間中の外出自粛を呼び掛けた。
 小池知事はテレビの報道を見たのか「実際に(外に)出ている人に『多いですか』と聞いたら『多いですね』と答えている。うーん、どうなんですかね。特に若い方が非常に多い」と苦笑いしながら語った。
 さらに「近県から見えている方も多いようだ。どうぞ、東京に来ないで、そしてそれぞれの充実した時間をお過ごしいただきたいと思う」ともあらためて語った。
 また「明日、月曜日。それぞれの社の方針もあるかもしれないが、出勤もテレワークで徹底していただくようにご協力お願いします」とも呼び掛けた。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧