谷中の人気書店、お引っ越し 記念に「ねこの一筆箋まつり」

2021年4月26日 07時09分

移転した「ひるねこBOOKS」で開かれている「ねこの一筆箋まつり」と店主の小張さん=台東区で

 下町の風情が残る台東区谷中で猫関連本などを販売してきた書店「ひるねこBOOKS(ブックス)」が、同じ谷中で移転した。これを記念して、作家やイラストレーターの一筆箋(せん)を展示・販売するイベント「ねこの一筆箋まつり」が開かれている。五月十日まで。 (砂上麻子)
 店は二〇一六年一月、谷中キッテ通り沿いにオープン。猫に関する本や絵本、北欧雑貨を取り扱い、個性的な品ぞろえで人気を集めてきた。
 開業から五年。店が手狭になったことから、店主の小張隆さん(36)は移転先を探していた。そんな時、同じ谷中キッテ通りにある店の店主から「移転するので、後に入りませんか」と声をかけられ、新たな店の場所が決まった。
 新店舗は以前の店舗から徒歩一分。広さは約一・六倍で扱う本の数も増えた。
 イベントは、店の近くに郵便局があることから、手軽にメッセージを送ることができる「一筆箋」をテーマにした。店にゆかりのある作家やイラストレーター九人のオリジナルの一筆箋と原画を展示、販売している。
 小張さんは「広くなったので、読書会など本の魅力を伝えるイベントを開いていきたい」と意欲を見せる。
 営業時間は正午から午後八時(土、日曜、祝日は同六時半)。休店は火曜、第二水曜。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧